ラジオ出演。今回はUAのFelicidadeをかけました

 昨日はラジオの日でした。毎回、ジャズアーティストがロック/ポップをカバー、或いはその逆、のようにカバー曲をかけ続けているのですが、今回かけたのは、UA「Nephews」より”A Felicidade”。これは1959年の映画「黒いオルフェ」で使われた曲。タイトル曲はルイス・ボンファ作曲でこちらも有名だけど、フェリシダージの方は作曲ジョビン、作詞はヴィニシウス・ヂ・モライスで、この原曲のFelicidadeのギターって、ホベルト・メネスカルが弾いてるんですね。

『悲しみには終わりがない、幸せには終わりがある。』

 という歌詞からも分かる通り、歌詞も暗く、映画もシリアスな内容。映画はオルペウスの神話が元になっていて、ギリシャ神話をしっかり勉強していない僕には少し難しかった。でもなんだろう、あのブラジルの底抜けの明るさと、その裏に潜む悲しみが、少し理解できた気がする、素晴らしい映画でした。

 59年にはボサノバ第一号と呼ばれる(諸説ある)ジョアン・ジルベルトの「Chega de Saudade」も発売されている。63年には良く知られている「ゲッツ/ジルベルト」が発売。だからこの辺りがボサノヴァの黎明期〜ピーク、ということでしょう。ここのギタースクールにもボサノヴァギターを弾きたい、と入ってくる人は多い。僕自身、ここ数年、ボサ、そしてブラジリアンジャズにどっぷり嵌ってしまって。ジャズも深いけれど、ブラジル音楽もほんとうに深い。ラジオでかけたUAのカバーもかっこいいし、そこから遡って是非、映画も是非見てみてください^^