ラジオ出演。今回はUAのFelicidadeをかけました

 昨日はラジオの日でした。毎回、ジャズアーティストがロック/ポップをカバー、或いはその逆、のようにカバー曲をかけ続けているのですが、今回かけたのは、UA「Nephews」より”A Felicidade”。これは1959年の映画「黒いオルフェ」で使われた曲。タイトル曲はルイス・ボンファ作曲でこちらも有名だけど、フェリシダージの方は作曲ジョビン、作詞はヴィニシウス・ヂ・モライスで、この原曲のFelicidadeのギターって、ホベルト・メネスカルが弾いてるんですね。

『悲しみには終わりがない、幸せには終わりがある。』

 という歌詞からも分かる通り、歌詞も暗く、映画もシリアスな内容。映画はオルペウスの神話が元になっていて、ギリシャ神話をしっかり勉強していない僕には少し難しかった。でもなんだろう、あのブラジルの底抜けの明るさと、その裏に潜む悲しみが、少し理解できた気がする、素晴らしい映画でした。

 59年にはボサノバ第一号と呼ばれる(諸説ある)ジョアン・ジルベルトの「Chega de Saudade」も発売されている。63年には良く知られている「ゲッツ/ジルベルト」が発売。だからこの辺りがボサノヴァの黎明期〜ピーク、ということでしょう。ここのギタースクールにもボサノヴァギターを弾きたい、と入ってくる人は多い。僕自身、ここ数年、ボサ、そしてブラジリアンジャズにどっぷり嵌ってしまって。ジャズも深いけれど、ブラジル音楽もほんとうに深い。ラジオでかけたUAのカバーもかっこいいし、そこから遡って是非、映画も是非見てみてください^^

播州(姫路、たつの、宍粟市)ツアー

 播州ツアー。ツアー、ってほどでもないんだけど、ギターとギターアンプ担いで1泊2日で3箇所にライブ、行って来ました。

 まず初日は姫路へ。姫路城見るとどうしても「暴れん坊将軍」思い出す。笑。まずはVoの新田さんに習いたい、という歌の方がいて、書写山の近く、"オークヴィレッジ"さんというCafeさんへ。

写真上はオークヴィレッジさんにて、新田さんと、生徒さん。僕は横で見学^^ そしてその後初日のライブをする"茶房ちゃくる"さんへ。茶房ちゃくる さんのオーナーさんとは、数年前から知り合いで。僕のライブを見に来てくれたりして。ずっとお伺いしなきゃな、と思っていて、ようやく恩返しができて良かったです。写真は駅から車で送って下さった白井さん。白井さん、ほんとありがとう^^

次の日は宍粟市に移動。まずお昼は、Cafe遊山さんという、これまた古民家を改造した、とてもおしゃれなCafeレストランで演奏。宣伝もバッチリ、して頂いて、ありがとうございます^^ お客さんも満席、ありがたい^^ リハ後にパスタを頂いたのだけど、これもすごく美味しかった。この辺りでジャズライブ聞けることってなかなかないから、嬉しかった、との声も頂く。嬉しい限り。

中はこんな感じ。お客さんは畳で座って聞く。また、こちらと次のたつの市では、音響、宣伝その他、地元のテレマン楽器さんに諸々、セッティングして頂いて。すごくお世話になりました。またこちらから小林俊介(per)さんが合流、Vo、ギター、Per、のトリオで演奏。

 そして夜は、たつの市誉田町にあるカフェ 、"カトルセゾン"さんというお店に。こちらはライブCafe?かな。グランドピアノも置いてあって、たまにジャズライブもやっている模様。天井が高くてちょっとギターの音色で苦労したけれど、本番でお客さん入るといい感じにデッドになって良かった。こちらはログハウス調で、これもなかなかカッコいい。実は東京や大阪よりも、地方の方がカッコいいお店あるんじゃないの?とか思ってしまった。こちらも引き続き、テレマン楽器さんに何から何までお世話に。テレマン楽器の尾崎さん、本当にお世話になりました。また、各お店さん、そしてご来場のお客様、ほんとうに有難うございました!(^^)/

イヌナキン

【ゆでたまごがデザインしたらしい、、】

 昨日はライブ、というかイベントで奈加美神社というところで演奏。ピアノの柳原由佳さんはじつはこちらの神職さんでもあるという意外な一面。でその神職姿のまま演奏。楽しかった^^
 「なんで?(神職に?)」と不思議に思って、「やっぱアメリカにいたこと、大きい?」と聞くと「そうですね」と柳原さん。僕ら、普段ジャズをやっている。自然、文化アイデンティティ的なことに行き着く。もちろんこれ、さんざん語られ尽くされた感のある話題ではあるけれども。
 よく、日本人なのだから日本の文化を、と、童謡をアレンジしてやったりする人は多いが、童謡って維新後の欧化政策の一環として作られてたりする。だから実はちっとも日本的でないどころか、非常にヨーロッパ的だったりする。
 すると、では「日本」はどこにあるのだろう? いったい「日本的なもの」とはなんなのだろう。江戸か室町か、平安か。だけど、隋や唐から大量に文化輸入してた奈良平安時代が果たして日本なんだろうか?とか。それで僕は近年漱石を読み直しているのだけれど。もう語り尽くされた文化の問題だけど、ともかく彼女は神職で、僕は漱石で、日本(人)とは何か?なんで僕らはジャズをやってるのか?を考え直しているんだと思います。

ところで話は飛んで、なんか、いました(笑)。"イヌナキン"というゆるキャラ(?)。一緒に写真撮ってもらいました。これは、泉佐野市のゆるキャラだそうです。あの”ゆでたまご”がデザインしたらしい。笑
名前 : イヌナキン
年齢 : 20歳
職業 : 犬鳴山の義犬伝説主人公の末裔で、超自然的な力を得るために犬鳴山で修業中。
(泉佐野市、HPより転載)
で、弱点は
弱点 : 温泉があると何をおいても入りたがる。

らしい。温泉、行きたいなぁ。そういやだいぶ行ってないなぁ、温泉。温泉行きたい。(^^)/

定期ジャズセッション(2017.8.9)

昨日は本町Mrs.Dolphinさんにてジャズセッションでした。ホストは私、Ds高野さん、そしてBsの椿原さん、の3人でした。お越しの皆様ありがとうございました。前回はちょっと少なかったのですが今回はGt x 5名、Ds x 2名、Tp x 1名、Pf x 2名、Vo x 3名、の12名、人数的にはまぁまぁ。ただ管の人とBsさんがもう少し来てくれると嬉しいなぁ、難しい(> <)

当スクールからはMくん、Yさん、Nさん、の3名参加。Nさんは遂にセッション初参加!^^ すごく緊張してはったみたいだけど、なかなか堂々とした演奏でした。レッスンでやったことがしっかり生きてる感じで良かったです(^^)

別日に開催が多くて申し訳なかったんだけど、来月は9/14(木)、通常運転の第二木曜日に開催です。

東京ツアーあれこれ

久しぶりの東京遠征1日目、まずは千駄木マルシェルブさんにて高橋守(As)さんとDuoでした。高橋さんとはTom Baker(Ds)のツアーで知り合った仲。高橋さんは以前NYで活動していて、今でも東京と行ったり来たりしてて、それでTomとも向こうで一緒にライブとかやってるらしい。高橋さんも僕と同じ、コンテンポラリー寄りな人で、けっこうショーターのやっかいな曲とか多くて難しかった。先輩に苛められました笑。でも勉強になったしいいプレイできて楽しかった、高橋さん、お越しの皆様、ありがとうございました^^
で、わりと早く終わったので江古田に移動、去年、関西から東京に活動を移したギターの馬田さんと、一献^^ 意外と大阪にいるとには一緒に飲んだことなかったんですよね。ギタリスト同士、あれやこれや。馬田さんまた飲みましょう!^_^

そしてお金無いので(笑)、そのまま江古田のマンガ喫茶へ移動。「たんぽぽ」という、なかなかレトロな(笑)ところ、けっこう古かったけどソフトクリーム食べ放題とかあって嬉しかった^^

そして2日目は神奈川県へ移動、相模原市矢部のカンタータさんへ。こちらはもう関東遠征のときの、ホームグラウンド的なお店にて、三井和美(gt)日向克典(bs)奥山進(ds)さんと。Dsの奥山さんとか、会うのって15年ぶりくらい、懐かしかったなぁ。馬田さんも遊びにきてくれて、三井さんとダブルGt^^ Bsの日向さんも素晴らしかった^_^ みなさん、マスター小川さん、ありがとうございました^^

関係ないけどライブ前に三井さんとスーパーでおっさん2人でアイス食ったりとか(写真)、この日もいろいろ楽しゅうございました(^^)

そして遠征3日目は小田急相模原のCafe Kinosatoさんにてゲイリー長山(gt)さんとDuoでした。意外にもゲイリーさんとDuoは初めて、、、と思いきや、ピアノの本郷修史くんとかベースの河口洋平くんとか来てくれて、2ndからはセッションな感じに。

中でも、井之上由美子さん(写真左下)というVoさんが遊びに来てくれて。初めてお会いして1曲セッションしたのだけど、もうびっくりした、素晴らしかったなぁ。よく、ジャズはヴォーカルに関しては関西で、関東には上手い人あんまりいない、なんて言う人いるけど、いやいや。前回のツアーでお会いした釜谷さんも素晴らしかったし、東京にもいいVoさん、たくさんいます。つねちゃんやら懐かしい面々が大勢きてくれて、わいわい、がやがや、の中終了。

そして4日目は横浜、馬車道のしぇりるさんというお店へ、これも古い友達のメイちゃんこと、清水方代(Vo)さんのライブ(写真右下)に。ピアノは中島薫さん。で、何曲かシットインさせてもらいました。メイちゃんありがとうね^^

そして、最後は赤坂のG's Barさん、、、の前に、じつは一度大阪に戻って、高槻ジャズストリートに出て、そしてまた東京に戻って、なのだけど、高槻ジャズストはまた別で書きます。で、G's Barさん、こちらは優里(vo)さん、三井さん(gt)、本郷(pf)くん、日向(bs)さん、という関西&関東混成メンバー。これも楽しかったなぁ。という、かなりバタバタな一週間でした。遠征中にお会いした方々、本当に有り難うございました!m(_ _)m